義母 近親姦 昭和の源氏物語

義母 近親姦 昭和の源氏物語
作品紹介

経済大国ニッポンは古き神代の昔からエロに関して大変、おおらかでした。日本神話によると日本は兄妹神の性交で誕生したのです。装い新たにお贈りする新レーベル『アダム書房』、本シリーズは日本の古典文学『源氏物語』や『万葉集』『日本書紀』『古事記』に描かれたエロな世界、近親姦、人妻不倫、夜這い、レズビアン、人妻凌辱などを昭和の時代に置き換えた劇画タッチで見る官能小説として続々、映像化してゆきます。今回は古典文学で観る近親性愛「昭和の源氏物語」と題して源氏物語に実際に書かれている義母との近親姦を六十路熟女姉妹の近親不倫や、母と息子の近親姦を中心に集団輪姦悲話や、隣りの団地妻の不倫劇、彼女に恋焦がれる受験生との筆下しなど、昭和の官能ロマンポルノ風にアレンジして4篇構成で創り上げました。