明治ぶっかけ中出し尼僧伝 陵辱総長賭博

明治ぶっかけ中出し尼僧伝 陵辱総長賭博
作品紹介

『明治維新150年』を記念する日本藝術浪漫文庫の特別企画作品。女流監督の伊達阿久鯉が描くのは東映任侠映画と時代劇をコラボさせたような世界。明治24年、宮中で幕閣や公家を癒す千代田遊郭を追われ、瀬戸内の尼寺で出家した元会津藩家老の妻を取り巻く様々なエロ模様。地元を牛耳る組との縄張り争いに巻き込まれる尼僧と女侠客は尼僧の女体を賭けた総長賭博に負け、醜い組長に凌辱されてしまう。生き別れた女博徒の母と対面する若い女侠客の哀しい定めのシーンは昭和大好き男女には堪らない感動を呼びます!!