ラバーフェチの彼女に睡眠薬で昏睡拘束強制ラバープレー

ラバーフェチの彼女に睡眠薬で昏睡拘束強制ラバープレー

ラバーフェチの彼女に睡眠薬で昏睡拘束強制ラバープレー
作品紹介

重度のラバーフェチの彼女はフルラバーでのラバープレーがしたくて、したくてたまらない中ノーマルの彼氏に自分の性癖を打ち明けられずにいた。ある時どうしても自分の欲望を抑えられなくなり、ある計画を実行することにした。その計画とは彼氏を睡眠薬で眠らせて、彼氏のサイズで用意してあったラバースーツを着せて、身動き出来ないように拘束して強制的にラバープレーをして、彼氏もラバーの虜にしてしまおうという計画だった。